台湾にあふれる“新幹線愛”「絶対に遅れない」

【江藤詩文の世界ゆるり鉄道の旅】台湾高鐵(1)

 台湾高速鐵路。通称「台湾高鐵」。中国語の発音は「タイワンガオティエ」。英語では「タイワン・ハイスピード・レイル」。いざとなったら筆談に持ち込めるよう、これだけの情報を手帳に大きな文字で書き留めて、高鐵台中駅に向かう。

 「ああ、新幹線(スィンカンシェン、と聞こえる)ね」と、タクシーの運転手。「あなたは日本人だから、新幹線を知っているでしょう。台湾では、新幹線といえば通じますよ」と言われて、すっかり拍子抜けした。

 台湾高速鐵路は2007年に開業した“自慢の足”。最高速度は時速300キロ、台北駅と台湾第二の都市・高雄市郊外の左営駅を最速96分で結ぶ。新幹線の車両技術が世界で初めて導入された事例だ。

 「顔が似ているでしょう。これは700T型という車両で、日本の700系の兄弟なんです」。ホームで撮影していると、若い女性駅員から声をかけられた。鉄道好きが嵩じてこの仕事に就き、新幹線に乗るために日本を訪れたこともあるそうだ。

 車両に乗り込み、左営駅を目指す。到着後に待ち合わせがあり、何度も腕時計に目を落とす。すると、通路を挟んだ隣の男性が、たまりかねたようにこう言った。

 「台湾高鐵は、絶対に遅れない。必ず時間通りに到着します。だって新幹線なのだから」

産経新聞 1月3日(木)17時49分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130103-00000524-san-cn